フラフラミンゴ’s blog

〜人生は旅だから〜

羽生結弦選手の2019年全日本フィギュアスケート選手権を梅花心易で占う

f:id:fra-fra-mingo:20191203230841p:plain

 

全日本フィギュアスケート選手権が始まりましたね。

女子は昨日ショートが終わって明日がフリーです。

男子は本日からショートがすでに始まっています。

 

NHK杯、グランプリファイナルと引き続き、今年の全日本についても梅花心易で占ってみました。

今回は羽生選手、宇野選手、そして男子シングルから引退、アイスダンスへの転向を表明している高橋選手の三選手を占いました。

  

全日本フィギュアスケート選手権2019の占い 

羽生結弦選手 

沢風大過 初爻

家の棟がたわんでいまにも倒れそうとか、重荷を背負っているという卦です。

試合が続いたのと帰国したばかりで、疲れがとれていないよいに感じます。

それからみんなの期待にこたえなければ、という使命感が常に重くのしかかっているようです。

そんなに背負ってるといつか棟が折れてしまうから、もっと身軽にしていいのにと思ってしまうような卦です。

 

初爻なので今回の全日本は慎重に丁寧にまとめてよい着地にできるのではないでしょうか。 

  

宇野昌磨選手 

地山謙 五爻

謙虚、へりくだるという卦ですね。

五爻なので、実力はちゃんとあるので縮こまったりする必要はないということですね。

もしかして、今季の成績のせいで宇野選手を軽んじたりする人が現れたりしていたのでしょうか。

宇野選手、復活の予感です。いい演技ができると思います。

  

高橋大輔選手  

天山遯  三爻 

逃げろ、逃げるという意味の天山遯。

うーん。推測ですが本当はもっと早くアイスダンスの方に専念したかったのではないでしょうか。でもいろいろなしがらみがあって男子シングルに出ざるをえなかった、というふうにとれます。

本当は勇気を出してきっぱりと断ってもよかったのかも…。

逃げきれなかったので、ちょっと苦しむという爻です。

今回の全日本は割り切って、こだわらずにやってしまえばいいかもしれません。

 

まとめ 

 

今回の占いは優勝するかという占い方ではなく、全日本の試合はどうか?という占い方をしました。その中で、ものすごく良い卦ではないですが、慎重に丁寧にまとめるという意味で、羽生選手の優勝と観ました。

 

 

卦の見方については奥が深く、占う人の直感なども必要になってきます。

まだまだ練習中の未熟者の身なので、はずれてもお許しください。

 

 

*易の解釈で参考にさせていただいているサイトです。

易占いの方法(サイコロ3個法)と読みの基本 | 金星kinseiの易占いブログ

易経講座 六十四卦をネットで独学 | 易経独学