フラフラミンゴ’s blog

〜人生は旅だから〜

それって予知夢かも!予知夢を見る方法と解釈の仕方

f:id:fra-fra-mingo:20191203154011p:plain

 

こんにちは、フラフラミンゴ です。

 

みなさん、予知夢って見たことありますか?

私はたまに見ます。  ←アヤシくてすみません

 

未来を先に知ることができたら便利ですよね。

実は未来を先に知ることができる予知夢、もしかしたら誰でも見ているのかもしれません。

 

いったいどういうことでしょうか。

まずは私が見た予知夢と合わせてご紹介します。 

 

私の見た予知夢  

私は気になることがあると、本当にたまーにですが、夢で先に答えを知ることがあります。夢はなぞなぞのような抽象的な場合と、わりとわかりやすい場合があります。

 

まずは抽象的な一例です。

その1  

何年か前にあるコンクールに応募したことがあります。コンクールは絶対通る!とことあることに念じていました。(引き寄せの法則みたいなw)

 

そろそろ結果発表が近づいてきたある日、夢を見ました。

 

大きな道路の反対側に富士山のような大きな山がそびえています。

私は道路を渡ってその山を目指そうとします。道路は何車線もあって、途中の車線までは渡れましたが、その車線より向こうにはガードレールのような柵と1メートルくらいの溝のようなものがあって行くことができません。私はただそちらを見ているだけです。その山の麓には何人か人がいました。

 

目が覚めて、これはコンクールは落ちるということだなと、思いました。

すぐには認めたくはないので、他にいろいろな案件を考えましたが、当てはまる出来事はありません。

数日後、コンクールの発表があり私は2次落ちでした。

そのコンクールは3次まであるのですが、山の麓にいた人たちは3次通過者だったのでしょう。

そして山の頂に行けた人が合格者というわけです。

 

 

抽象的な夢を見た場合は、自分なりに解釈する必要があります。

だいたい「ああ、あのことに関しての答えだな」とわかりますが、例えばそれが望まない結果であった場合、「いんや、あのことの答えではない」と認めてくないのが人情。結果がわかったときに「やっぱりあのことだったのか」とうなだれることになります。

 

人の心って、タロットでも易でもそうですが、望みと反対の答えがでると、フィルターがかかって認めようとしなくなることがあります。 

  

次はわかりやすかった夢の一例です。 

 

その2  

私はフィギュアスケートファンなのですが、ここ数年、試合のチケットは特に取りにくく、抽選は何度申し込んでもはずれでした。先日の札幌NHK杯もはずれました。今回の全日本は東京開催だし、なんとしてしも行きたーいと時々念じておりました。

 

抽選結果がわかるまでは日にちがあるので、だんだん日々の忙しさに紛れてちょっとそのことは忘れていました。

 

ある晩夢を見ました。

フィギュアのチケットということが夢の中でもわかっています。

1回目はダメだけど、2回目は大丈夫という何かの紙を見ながら思っている夢でした。

 

いつも抽象的にしか見ないので、直接フィギュアスケート、というテーマで見たことはとても珍しいことでした。

 

で、これを解釈しますと、1回目はダメだけど2回目は大丈夫、ということは1次販売はダメだけど、2次販売でとれるのかな思いました。

そして、フィギュアの抽選結果がわかるのいつだったけ? と調べましたら、あさってじゃないですか!

 

さて、フィギュアの観戦チケットの結果発表の日です。

メールがきまして、ドキドキしながらタップします。まずはショート。「残念ながら」はずれ、、、。

次、フリーは、なんと、初めて見ましたよ!「当選」の文字!

そうか、1日目はダメで2回目はOKって、ショートはダメでフリーはOKってことだったのかと思った次第です。

 

ちなみに私は霊感とかはあんまりよくわからないですが、カンとか予感とかは、意識していないときは当たるときがあります。

 

以前お勤めをしていたときのことですが、パソコンで仕事と関係のないサイトを見ているとき、ふっと何かを感じたら必ず仕事サイトに戻ることにしています。数分後絶対上司が背後からやってくるから。

このふっという感じを、無視してやり過ごすと、上司に仕事がさぼっていたことがバレます。

 

カンってちょっと蚊がふれるくらいのよわーい感じなので見落とすことが多いと思います。

  

予知夢を見る方法と解釈について 

というわけで予知夢を見る方法を、いままでの私のつたない経験をふまえて書いてみます。 

 

  1. その問題をよく意識すること
  2. 予知夢は明け方に見る確率が高い。(夜の寝入りばなにいろいろ見るのは違う気がする)
  3. 昼寝などして、一旦目が覚めても起きずにしつこくうとうとする。その時にそれとなーく問題を意識すると答えの夢を見やすい。(ような気がする)
  4. 暗示的な夢を見たら書き留めておく。(すぐに忘れてしまうので)
  5. その内容を今自分が向き合っている問題にあてはめてみる。

 

予知夢とただの夢の違い 

予知夢とただの夢の区別はどうつけるのでしょうか。

これはカンとしかいいようがないです。

予知夢の場合は、うとうとしている時に見やすいということと、なんとなくもやっと覚えているという感じです。

 

ただ、わりと現実そのまんまというよりも、暗示的な形で見るような感じです。

例1のように、道を渡れない、とか。道に迷ってる夢なんてわかりやすいですよね。

 

なんか夕べ夢を見たけど、よくわかんないからほうっておいたという方、あなたが見たその変な夢、もしかしたら予知夢かもしれませんよ!

 

予知夢についての考察 

予知夢があるってことは、じゃあ未来は決まっているのか?という疑問に突き当たります。

これに関して私ははっきりした答えを持っていませんが、私の見る予知夢の傾向からして、その未来が確定してから「念」が発生し、それを私の無意識がキャッチして夢という形で見るのではないかと考えます。

なので、未来予知というより透視に近いのかもしれません。

 

まあ、私の場合予知できても結果は変えられるわけではないので、、、心の準備ということでしょうか。

 

こちらからは以上です。

 

■夢判断でお世話になっているサイトです。

未弐の夢事典