フラフラミンゴ’s blog

〜人生は旅だから〜

【気学で開運】方位30度60度説?45度説?吉方位の取り方を考えてみた

f:id:fra-fra-mingo:20191120161511p:plain

 

気学は、旅行や引越しなどで運を開くことができると言われています。

ちょうど私は旅行が大好きなので、その年の吉方位にあわせて計画を練ります。

 

移動する方角の見方ですが、30度60度説( 東西南北は30度、それ以外の四隅を60度)と全方角を45度にするという二つの流派があります。

 

優勢なのは30度60度説ですが、果たして本当にそうなのでしょうか?

というわけで、このふたつの説を検証してみたいと思います! 

方角の割り出し方について 

 

方角の割り出し方は、自宅を中心にして八方位に線を引きます。 

 

東西南北30度、四隅を60度にする場合 

 

主流となっている方法です。

東西南北を30度、北東、北西、南東、南西を60度とします。

 

f:id:fra-fra-mingo:20191124153526p:plain

                                                                          あちこち方位

 

・気学の創始者、園田真次郎が唱えた。

 園田真次郎 - Wikipedia

 

・十二支を考慮している。

  360÷12=30

  北は「子」、北東は「丑寅」で30度+30度で60度であるから。

推奨されている方々

・Dr.コパこと小林祥晃さん

・李家幽竹さん

・田口二州さん   など

 

 八方位を45度にする場合  

 

八方位全てを均等に45度とします。

 

f:id:fra-fra-mingo:20191124154032p:plain          

                     あちこち方位 

・360÷8=45 だから

・十干を考慮している。

・奇門遁甲は45度説である。

 

 推奨されている方々

・林巨征さん

・黒門さん

・望月治さん   など

 *もう気学だけじゃないですね

磁北?真北?偏角について

 

北を真北でとるか磁北でとるかというのも流派によって分かれています。

地図上の北と方位磁石でみる北は違うのです。

もし磁北で見る場合は、偏角を考慮して東京周辺の場合は西に7度ほど傾けます。

なお、地域によって偏角は異なります。

 

いまは磁北で見る方が主流のような気がします。

「あちこち方位」さんを使用する場合は「偏角を考慮する」にチェックを入れればよいですよ。

 

いつも方角を調べるときにお世話になっているサイトです。

 あちこち方位 

  

私の場合は・・・。

 

私は以前は、30度、60度説を使っていましたが、昨年から45度説をとっています。

30度60度で方位をとってもあまりぱっとしないこともあったからです。

でも調べてみると、45度で効果がなかったという方もたくさんいらっしゃいますね。

 

偏角についても時々迷う時があります。今は西偏を考慮していますが

こちらもあわせて検証いきたいと思います。 

 

確実に吉方位をとりたい場合は、30、60度説、45度説、磁北、真北すべてにおさまるような場所を選んだらいいでのではないでしょうか。

なお、真ん中は外した方がよいようです。

 

方位をとって、また気づいたことがあったらご報告します!